<   2013年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

青森 奥入瀬渓流 の続き

奥入瀬渓流は道路沿いに流れている渓流なので
アクセスは容易ですが、どうしても車の騒音が気になるところです。

この時期、どうやら訪れる人が少ないらしく、周辺の道路も空いていて
どっぷりと渓流の音に浸かれました。
e0058628_20373371.jpg


渓流沿いには、山アジサイや
e0058628_20375664.jpg


トンボなどもいて、歩きながら目を楽しませてもらいました。
e0058628_20381174.jpg




東北地方は雨の量が多く、渓流の流れも強かったが
この場所は少しゆったりと流れていて、今回見て回った中では、一番のお気に入りポイント。
e0058628_20383294.jpg

[PR]
by photodiary2 | 2013-07-29 20:44 | 風景写真

青森 奥入瀬渓流

e0058628_2137322.jpg


最近、ちょっとした縁があって、たびたび訪れている青森県。

今回は奥入瀬渓流に足をのばして来ました。

東北方面はまだ梅雨明けしておらず、最高気温も20度ちょっと。

半袖しか持って行かなかったので、帰る頃には風邪気味。

もしかして、花粉症??と思わせる様な季節感でした。
[PR]
by photodiary2 | 2013-07-24 21:39 | 風景写真

沖縄 青の洞窟

沖縄の青の洞窟。
台風の影響か?、いつもの透明感は無く、何となく濁った感じ。

e0058628_20571824.jpg



洞窟入り口に居るリュウキュウハタンポの群れ。
こちらは濁りのおかげで、太陽光線がいい感じで差し込んでいる様子がわかります。
e0058628_2058318.jpg


ここは、人気スポットなので、ダイバー、シュノーケリングのツアーの方達から、
一般の観光客まで訪れるところなので、静かに情景に浸りたい方は朝一がお勧め。
[PR]
by photodiary2 | 2013-07-18 21:03 | 水中写真

台風直後の沖縄

沖縄は魅力的な場所であるのは重々承知していますが、
台風が来るので、何となく遠ざかっていましたが、今年も行って来ました。

直前に台風7号が沖縄の南側を通過している為、
島の周りが波立っています。
e0058628_23155859.jpg



初日は海が荒れていそうなので、あえて波立っている南部の波があたっていそうな
場所に行って見ました。
もっと高い波を期待していましたが4,5m程度で残念でしたが、
そのかわりにとてもきれいな波が見られました。
e0058628_23224054.jpg



波が崩れた後はとても海とは思えないようなきれいな色でした。
e0058628_23162335.jpg

[PR]
by photodiary2 | 2013-07-17 23:35 | 風景写真

南アフリカ サーディンランツアー 10日目、そして最終日

あっという間に過ぎてしまった楽しい時間でしたが、いよいよ帰国の途に。
昨日はあんなにきれいに晴れていた、ケープタウンですが、出国日は雨。
テーブルマウンテンも見られず、1日違いで大違いでした。

朝8時にピックアップ、ケープタウンの空港から、ヨハネスブルグに国内線で移動
出国は夕方。最後のアフリカの夕焼けです。
e0058628_21403794.jpg


時差の関係もありますが、次の日の朝、香港に到着。
いつもの様に、元気な入道雲がお出迎え。
e0058628_21413321.jpg


そして、その日の夕方にようやく日本に到着。
寒かった南アフリカとは異なり、すっかり梅雨景色
e0058628_21405778.jpg




これにて今回の南アフリカ サーディンランツアーの報告はおしまい。
予定していた物が見られなかったり、予想もしていない物が見られたり、
最近すっかりはまっているアフリカ。早くも来年に向けて準備開始です。
その前に、少しは仕事をしないと。。。
[PR]
by photodiary2 | 2013-07-08 21:48 | 航空写真

南アフリカ サーディンランツアー 9日目 その2

9日目午後は、一路ケープタウンへ。

車からの風景を2枚ほど。
自分で運転していたら、何回も止まりたい位きれいな景色が続きます。

e0058628_14222516.jpg
e0058628_14232118.jpg



そして、午後のメインイベント。
ペンギンさんが見られるベティ湾です。
e0058628_1423744.jpg


湾の波の穏やかなところに、ペンギンさんの巨大コロニーがあり、
そこに遊歩道がつけられていて、ちょっと彼らの生活を覗き見る形。

自然体な姿がとてもかわいらしく、時間の許す限りシャッターを切っていました。
e0058628_14235486.jpg
e0058628_14234470.jpg
e0058628_14243092.jpg


ペンギンのほかに、カモメや海鵜などがおり、とてもにぎやかなところでした。
e0058628_14241850.jpg



今回の旅行で、車での移動だけでも延べ24時間近くありましたが、
日本に向けての出発空港があるケープタウンへ向け、いよいよラストラン。
途中、あまりにもきれいな景色に車を止めてもらう。
e0058628_1425648.jpg
e0058628_14245061.jpg


ここでひとつ疑念が解ける。

空港での時間つぶしに、いつも現地の写真家の写真集を隅から隅まで見ていますが、
コントラストの高い美しい写真が多く、こんな景色ありえなぁい~  と思っていました。

こんな小さな写真では伝わりきらない部分が多々あると思いますが、
ところが、ある所にはあるんですね~。  こんな美しい場所。
1秒でも長く留まっていたい場所が随所に見られ、今度はもっとのんびりとした
旅程で来たいと強く思いました。
[PR]
by photodiary2 | 2013-07-07 14:41 | 風景写真

南アフリカ サーディンランツアー 9日目 その1

ケープタウンの東にあるガンスーバイという小さな街にある
Saxon Lodgeです。うまく表現できませんが、とても良い雰囲気のロッジで、
2日しか滞在しないのがとてももったいない気がしました。

e0058628_1953417.jpg


e0058628_1953323.jpg


部屋の中はこんな感じ。他の部屋も見て回りましたが、各部屋毎に、
レイアウトが異なり、どこも落ち着きがあっていい感じの部屋ばかりでした。

e0058628_19545590.jpg


昼間は外に出かけているので、夜しかこのロッジに滞在しませんでしたが、
出発間際にあちこち写真を撮った。
元気の良いワンコ2匹ととモップみたいにモフモフした猫が1匹。
みんなとても人懐っこい。

e0058628_19541599.jpg

e0058628_19541742.jpg


肝心のゲージシャークと、シャークブリーチングですが、
中止になった前日よりは波が収まりましたが、まだこんな感じ。
また、水も濁って透明度は2メートル位。久しぶりに江ノ島の海を思い出してしまいました。
e0058628_19544868.jpg


ゲージシャークは20度位の冷たい水の中1時間弱粘ったが収穫なし。
ゲージに入らず、船の上から見ていた方が、ホオジロさんは良く見えました。
e0058628_2044369.jpg



シャークブリーチングは、夕方の方が良く見えるらしいが、時間が無いので早朝に実施。
木彫りの子供サイズののアシカを船で引っ張ってホオジロザメをおびき出す作戦。

ホオジロザメの捕食は、海面近くを泳ぐアザラシに対して下からそっと忍び寄り、
上を泳ぐアザラシに向かって勢いよく喰らいつくそうです。

その捕食の時の勢いで海面に飛び出してしまい、船上から見ていると
ジャンプ⇒ブリーチングしているように見える。

1時間ほど、かわいそうな木彫りのアシカを引っ張って、かろうじて1回だけ反応してくれました。
e0058628_1955433.jpg

[PR]
by photodiary2 | 2013-07-06 20:22 | 風景写真

南アフリカ サーディンランツアー 8日目

8日目は、ゲージシャーク。。。 の予定が、前日の嵐の為に中止。

予定を急遽変更し、アフリカ最南端の地へ。
アフリカ最南端は、有名な喜望峰ではなく、そこから200Km程度東にあり、
丁度泊まっていたロッジから比較的近かったので、朝食後すぐに訪問。

e0058628_2219449.jpg


アフリカ最南端のカモメ。くちばしの下が赤いのが特徴。
e0058628_22182892.jpg


アフリカ最南端で釣りを楽しむ人達。何が釣れるのだろう??
e0058628_22193971.jpg


おなかがすいたところで、昼食はワイナリーにて。
食事は素朴な味がとてもおいしく、また、とてもリーズナブル。
実はゲージシャークが中止になった方が良かったかも?
e0058628_22185861.jpg


ワイナリーの中庭には、大型犬が2頭。どちらも一見怖そうですが、とても人懐っこく
沢山遊んでもらいました。
e0058628_2220574.jpg
e0058628_22192755.jpg



カウントダウン気味に毎日撮っていたスーパームーン。
今年地球への最接近手前15時間位の月。
e0058628_22203686.jpg

泊まっていたロッジの中庭より。
[PR]
by photodiary2 | 2013-07-03 22:33 | 風景写真

南アフリカ サーディンランツアー 7日目

11日間の旅行の内、最初の6日間でサーディンランは終わってしまったので、
タイトルと中身が合いませんが、そういうツアー名なので、このまま続けることにする。

7日目は、ケープタウンから、やや南に移動したロッジまでの移動日なので早起き。
と言うか、時差の影響か毎日3~4時に目が覚めていたので、この日はそのまま起き上がる。

ロッジの中央付近にそびえ立つ不思議な形の木
e0058628_21113625.jpg


正面のテーブルマウンテンと沈みかけた天の川
e0058628_21115332.jpg


薄明かりが差し始めたロッジ前の川縁から、河口付近を望む
e0058628_21121754.jpg



ロッジから、ダーバンの空港へは、行きと同じ車で6時間の移動。
退屈なので、眺めの良いところで社内から撮影。
e0058628_2112145.jpg
e0058628_21123972.jpg




ケープタウン着陸前の飛行機の窓から。
南アフリカ中部は乾季なので、全く天気の心配は要らなかったが、
ケープタウンは地中海性気候なので、今は雨季。そして、外はとっても荒れ模様。
この荒れ模様が、明日以降の日程に大きく影響を与えることになる。
e0058628_21122135.jpg

[PR]
by photodiary2 | 2013-07-02 21:24 | 風景写真

南アフリカ サーディンランツアー 6日目

いよいよ、サーディンラン最終日
ここに来て、11日間のスケジュールの内、サーディンランが4日間しかない事に
ちょっと博打的要素が大きいのか?と思い始める。。。


お約束、朝一のザトウクジラ。
イワシの事が気がかりで、ことごとく出遅れる。

e0058628_22345234.jpg



この日も、イルカさんと戯れる。
初日から比べると、鳥、イルカとも増えて、海上、水面下共、俄然にぎやか。
e0058628_2235018.jpg



サーディンラン本番に向けて、確実に盛り上がりつつあるのが肌で感じられるが、
初回チームが見られたのは、こんな感じのサーディンリバー(造語)のみで、タイムアップ。
e0058628_22352863.jpg

先週、今週ぐらいから、本格的に見られているらしく、Facebookにも現地情報が
刻々と記載されてきていて、嬉しいやら、寂しいやら、悔しいやらで、
早くも来年のサーディンランを申し込んでしまいました。


海のイベント終了後は、機材の洗浄と、次の目的地に向けてパッキング。
間を見つけて、フルムーン2日前の月やら、記念撮影やら。
e0058628_22353440.jpg


サーディーンを追い掛けていた時は、体調管理を優先させていたので、
夜は早寝をしていたが、翌日は移動日の為、月光写真など撮りながら、
悔しさを紛らわしていました。
e0058628_22355418.jpg


そんな感じで、サーディンランは終わってしまいましたが、クジラにイルカ、カジキなども
同時に見られ、アフリカの海、恐るべし!といった感じでした。
[PR]
by photodiary2 | 2013-07-01 22:51 | 水中写真