<   2006年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧

光差す浅瀬にて。

e0058628_8393932.jpg


稚魚が群れていました。

幼い透き通った体が、光の帯の中で光輝いていました。

大きな魚があまり寄ってこない浅瀬で、

新しい命が育まれていました。
[PR]
by photodiary2 | 2006-05-31 08:54 | 世界遺産

ぺんぎぃ~ん

e0058628_1095313.jpg


なんかちょっと水族館の中みたいだけど。。。

一応野生のペンギンが海の中を泳いでいる姿です。

陸の緩慢とした動きとは全く別で、この後ミサイルのように

飛んでいってしまいました。
[PR]
by photodiary2 | 2006-05-30 10:13 | 世界遺産

朝焼け。

e0058628_21581468.jpg


夜と朝がクロスする、朝焼けの時間帯がすき。

朝の凛とした静けさと、刻々と明るさを増すエネルギーと。
[PR]
by photodiary2 | 2006-05-28 22:07 | 世界遺産

はぜ~

e0058628_8425772.jpg


かなり小さいけど、きれいなはぜ。

体長2~3cmぐらいでしたが、赤い体に青い帯が
遠目にも目立っていた。

陸上の動物は、人の姿を見ても全然逃げたりしなかったけど、水中は逆。
ダイバー慣れしていないせいか、とっても臆病。
特に小物はよっぽど慎重に近付かないと、あっという間に隠れてしまい
さみしー思いをすることに。。。

(Galapagos blue-banded goby)
[PR]
by photodiary2 | 2006-05-28 08:53 | 世界遺産

ヘビギンポ

e0058628_633028.jpg


小物さんシリーズ。

日本でもふつーに見られますが、ここでも岩礁の間に

ちょろちょろと姿を見かけました。

近付いてしっかり見ると、黄色い大きな胸びれがとてもきれい。
[PR]
by photodiary2 | 2006-05-27 06:42 | 世界遺産

タツノオトシゴ

e0058628_8562764.jpg


ダイビングクルーズのメインは大物だったので、
ワイドレンズをつけっぱなしにしていましたが、
たまには小物も見に行きましょー ってことで、
マクロレンズに付け替えて、お出かけ。

さすがに小物は固有種色が強く、
姿形は似ているが、初めて見るものばかり。。。
なかなか楽しいダイビングでしたが、
あっという間にひとりぼっちに。。。
[PR]
by photodiary2 | 2006-05-26 09:09 | 世界遺産

ちょっと透明度が良かったので、

e0058628_842175.jpg


ワイド写真を撮ってみましたが、

お魚いなくてさみし~。

仕方がないので、一緒に潜っている人達を撮ってみました。

アジアの魚が沢山いて、活気にあふれた海のイメージとは違い

のんびり落ち着いた感じの海でした。
[PR]
by photodiary2 | 2006-05-25 08:53 | 世界遺産

じみ~な感じ。

e0058628_832320.jpg


ガラパゴスの海は、南極からの冷たい海流のため、
赤道直下であるにもかかわらず、水温20度ちょっと。
このため、珊瑚などはほとんど生息せずじみ~な感じ。
また、栄養分に富んだ冷たい水なので、ちょっと緑色がかった
にごにご水。

また、ガラパゴス諸島自体火山性の島々なので、
海底もゴツゴツしていて、まるで伊豆みたい。

もっとも、お魚さん達は、日本ではあまり見られない種類が多く、
違和感たっぷりでした。
[PR]
by photodiary2 | 2006-05-23 08:42 | 水中写真

くちびる。

e0058628_21405310.jpg


不思議~ なぜこんな容姿に??
どんなに想像力を働かせても、こんな魚の絵は描けそうにありません。

しかもこの子達、このまんまの姿で何をしている訳でもなく、
海底にぺたっとたたずんでいて。。。
不思議だらけのアカグツさんでした。
[PR]
by photodiary2 | 2006-05-20 21:55 | 世界遺産

船の上より。

e0058628_2227296.jpg


船の舳先で遊ぶ、イルカ君。

船は結構いいスピードで走っているのに、遠くから見つけて
あっという間に追いつき舳先へと。

うまく撮れなかったけど、船の上から乗り出して見ている
我々の方を時々ちらっと見る仕草がとてもかわいらしい。
[PR]
by photodiary2 | 2006-05-19 22:34 | 世界遺産