カテゴリ:鳥( 38 )

South Africa Kruger National Park Southern Ground Hornbill

e0058628_222647100.jpg

今回クルーガで初めて?お目にかかった鳥。
珍しい鳥のようだが、何気に毎日見ることが出来た。

大型の鳥で、羽を広げると2mにもなるとの事。




e0058628_22272532.jpg

ちょっとメルヘンチックな背景に全く似合わないお姿で登場。
飛ぶことも出来るが、草むらをのしのし歩いている姿を見かける事が多い




e0058628_22275336.jpg

高いところに上って、あたりを物色中~
ヘビ、カエル、昆虫などを食すようです。
[PR]
by photodiary2 | 2014-05-19 22:46 |

南アフリカ サーディンランツアー 4日目前半

サーディンラン2日目。

この日も、朝は10度以下、水温20度ちょっと。
昼間になると日差しが出て暖かいが、朝は少し寒い。

この日は、午前中目測10m位のうねりがあり、午後は風が強くなったので、
実質午前中、前日同様ホエールスイムになってしまった。

若干消化不良なので、ロッジに戻ってから、バードウォッチング。
ロッジのなかで、定常的に見られる鳥さんは、十数種類。


e0058628_21404440.jpg


e0058628_21411086.jpg


e0058628_21412571.jpg






スーパームーン4日前の月。
空気がきれいな為か、昼間の明るい時間帯でも結構はっきりと見える。
e0058628_2140640.jpg

[PR]
by photodiary2 | 2013-06-29 21:48 |

クルーガー国立公園の鳥さん編 その③

鳥さんシリーズ最終回。

今回は、猛禽類中心です。

最初から、名前が良く分かりませんが、たぶんBateleur Eagleさん。

今回のサファリのガイドさんは、キリンなどメジャーな動物は、なかなか車を
止めてくれませんでしたが、鳥が好きらしく、結構まめに車を止めてくれました。
おかげで、鳥の数は前回より大分多い。

e0058628_2354874.jpg




顔を見ても、なかなか種類を特定できないので、後ろ姿はもってのほか。
折角すばらしいポーズをとってくれたので、せめてお名前だけでも。。。
e0058628_23431792.jpg


その他にも大型の鳥類は、まめに紹介して頂きました。
e0058628_23433861.jpg



e0058628_23441137.jpg



最後は、小さな子。丁度空が朝焼けに染まっている頃、
小枝にちょこんととまっている姿がとても印象的でした。

e0058628_23453168.jpg

[PR]
by photodiary2 | 2013-05-31 00:14 |

クルーガー国立公園の鳥さん編 その②

クルーガー国立公園の鳥さんです。

最初は、ライラックニシブッポウソウ (Lilac-breasted Roller)は、、ボツワナの国鳥にもなっている
14色からなる羽で覆われるカラフルな鳥だそうです。

道路沿いの枝にとまっていて、全然逃げなかったので、アップで狙ってしまいました。
e0058628_19512431.jpg



全身の姿は、こんな感じ。14色あるようには見えないが、子供の塗り絵の様にカラフル。
e0058628_1952259.jpg



エジプトガン(Egyptian Goose)とカバさんです。
e0058628_19531112.jpg



こちらは、日光浴中のアフリカコビトウ(Reed Cormorant)とカバさんです。
e0058628_19534480.jpg

[PR]
by photodiary2 | 2013-05-29 20:21 |

クルーガー国立公園の鳥さん編 その①

クルーガー国立公園の鳥さんです。

基本的には、動物メインの方達が多い様ですが、鳥の種類と数が豊富なので、
鳥さんメインの方達もいらっしゃるようでした。

印象的なのは、ホロホロチョウ(Helmeted Guineafowl)。
今回は、そそくさと逃げてしまったので、じっくり観察できず残念。
e0058628_20223351.jpg


人気があるのか、土産物屋ではいいポジションをとっていました。
e0058628_20231287.jpg



下は、ムクドリの仲間。たぶん上の子が、Burchell's Starlingで
下の子が、Greater Blue-eared Starling

くろ目の周りの色や、目の周辺の黒い部分の面積や、体がちょっと紫がかっているか・・・ で、
種類を見分けるようですが、共通して言えるのは、着地の際にぱっと羽を広げた時の
青い羽がとてもきれいで印象的な事。
e0058628_20243333.jpg
e0058628_20251057.jpg


本日最後は、オオヤマセミGiant Kingfisherです。
ちょっと大きすぎて、あまりかわいいという感じではありませんでしたが、
くちばしから頭にかけての流線型がとてもきれいでした。
e0058628_20253996.jpg



ヤマセミの体に対して、かなり大きな魚?ですが、頭から丸呑みでした。
e0058628_20262713.jpg

[PR]
by photodiary2 | 2013-05-28 21:01 |

モザンビーク トーフの鳥さん達

トーフでは、日中海に出かけていたので、鳥を撮る時間は
ほとんどありませんでしたが、お散歩がてら出会った鳥さん達のご紹介。

チドリの仲間(たぶんwhite fronted plover)

砂浜をチョコチョコと歩きながらお食事中。
ある程度の距離まで近寄らせてくれました。砂浜がきれいなのでとっても絵になります。
e0058628_2214298.jpg
e0058628_2215164.jpg




アジサシの仲間(たぶん swift tern)
青空に白いシルエットたとても映えていました。
e0058628_22152975.jpg




本当は、皆さんで飛んでくれるとうれしかったのですが、
結構粘ったけど根負けしてしまいました。
e0058628_2216764.jpg


たぶん後で鳥の名前が分からなくて困ると思いお土産がてら、
鳥の図鑑を買って来たけれど、鳥の名前は違っているかも。
[PR]
by photodiary2 | 2013-05-27 22:41 |

カワセミ。

e0058628_22175365.jpg


昨日のカワセミ、何となく出かけた割には、

結果が良かった事に気を良くして、今日も出かけてきました。

昨日と同じポイントで、朝5時から待つ事2時間。

完全に空振りでした。

諦めて帰る前に、ベテランさんに教わったポイントに行って見たら、

子供が4羽(ココに映っているのは3羽)親の給餌待ちをしていました。
[PR]
by photodiary2 | 2012-06-24 22:23 |

給餌。

e0058628_20251655.jpg


親鳥さんです。

通常は、鳥が魚を飲み込むときに、ウロコがのどなどに引っかからないように

頭から飲み込むように魚をくわえるようですが、

子供のために?しっぽの方をくわえています。


e0058628_20395235.jpg


ほどなくして、ひな鳥参上。

大きな口をあけておねだりです。

体の大きさは親鳥と同じぐらい。

そろそろ巣立ちかもしれません。
[PR]
by photodiary2 | 2012-06-23 20:41 |

雲場池のカイツブリ。

e0058628_21122658.jpg


雲場池のカイツブリさんです。

この日はなぜか、うるさいカモさん達がいらっしゃらなかったので、

我が物顔?で泳いでいました。
[PR]
by photodiary2 | 2012-06-13 21:13 |

南アフリカ クルーガー国立公園 ウシツツキ

e0058628_20202532.jpg


シマウマやサイの背中に必ずといってよいほど見られる

ウシツツキ(たぶん)という名前の鳥。



大型の草食動物の寄生虫を食べている代わりに、

ちょっとした安全な休息場所を提供してもらって、

ちょっとえらそうな感じ?
[PR]
by photodiary2 | 2012-05-25 20:44 |