カテゴリ:動物( 60 )

South Africa Kruger National Park Cheater

大型のネコ科は、クルーガでも人気者

この子達は、ワイルドドックについで2番目に生息数が少ないとされている
チーターさんです。

若いオスが3頭、お食事の後、おなかをパンパンにして、くつろいでいました。

e0058628_2113133.jpg




おなかがいっぱいなのか、夜中起きていたからなのか、とっても眠そう。
あくびをしたり、
e0058628_21134018.jpg




寝返りをうったり、
e0058628_21132826.jpg



あっかんべー をしてみたり。。。
e0058628_21135376.jpg


とっても遠かったのと、動きが少ないのがやや残念でしたが、
貴重な出会いでした。
[PR]
by photodiary2 | 2014-05-15 21:22 | 動物

South Africa Kruger National Park Wild Dog

海の街、モザンビークのトーフを離れ、空路と陸路で南アフリカのクルーガパークに
一日かけて移動。次の日からは、動物三昧です。

1日に見られる動物があまりに多すぎるので、これからの写真のアップは動物単位に
しようと思います。

本日は、絶滅危惧種でクルーガーでは、最も生息数が少ないとされている
ワイルドドック。
ゲームドライブ3日目の朝6時半頃に発見されるも、とっても遠い。
しかし、希少価値No1なので、正直嬉しい。
e0058628_2024270.jpg





以下、ワイルドドックさんのお食事シーンが入りますので、
過激な写真ではありませんが、苦手な方はご遠慮ください。

手前の体に白い模様が多い少々小柄でおなかの大きい子の方に、
後方の茂みから、ウサギの胴体より下側をがっつりくわえた子が走ってきた。
e0058628_20332942.jpg




また、頭の方をくわえた子もどこからとも無く現れ、総勢8頭位で追いかけっこ開始。
e0058628_20254518.jpg




てっきり仲間内で獲物の奪い合いをしているかと思いきや、
いつの間にかウサギの胴体より下側は、最初に登場した
体に白い模様が多い少々小柄でおなかの大きい子がくわえている。
そして、こんなに大きな獲物をくわえているのに、完全フリーな状態。
e0058628_2026511.jpg




その後、一人で悠々とお食事タイム。
勝手な想像ですが、おなかの大きいメス?に仲間が朝食のプレゼント??という感じ。
ワイルドドックは頭が良いと言われていますが、実際の所どうなんでしょう?
e0058628_20262643.jpg




頭の方をくわえた子は、まんまと独り占め。
って、大して食べるところはなさそうですが、丸呑みでした。
e0058628_20264187.jpg

[PR]
by photodiary2 | 2014-05-14 21:00 | 動物

TOFO BEACH のワンコたち

TOFO BEACH はワンコがいっぱい
この子は、飼い主さんとテニスボールでお楽しみ。
e0058628_20522336.jpg




この子は、夕日を背にじっと海を眺める。
スマートなので、とても絵になる。
e0058628_20524714.jpg



この子は、波と一人遊び。
e0058628_20531051.jpg



この子も波と一人遊びしていますが、若干足が短いので見ていてハラハラする
e0058628_20533631.jpg




案の定、波をかぶってしまっていますが、なんだか楽しそう~
e0058628_20535731.jpg

[PR]
by photodiary2 | 2014-05-13 21:00 | 動物

クルーガー国立公園のサファリ その他の動物編

モザンビークのトーフの海関係と、クルーガー国立公園のサファリ関係の
RAW現像がようやく本日終了しました。

まだ、鳥さん関係と、南アの大渓谷ブライデリバーキャニオン関係が残っていますが、
まずはひと段落。

クルーガー国立公園のサファリ関係の撮影枚数の少なかった動物さん達。

体長1mオーバーのトカゲさん。他の場所であれば、主役級かもしれませんが、
ワニやカバのいる池の辺では、ちょっとインパクトが薄い感じ。
e0058628_205372.jpg




いつも大人気なハイエナさん。子犬の様にこちらに向かって走ってきます。
e0058628_2054976.jpg




日の出前の、ヌーの群れ。
寝床にしていた木陰から、丁度起き出したところでしょうか?
e0058628_2062422.jpg




日が暮れるまで、国立公園内を走り回り動物を探します。
そして、日暮れと共にロッジへと戻ります。
食事や休憩の時間を含め、1日12時間程度のサファリですが、とても短く感じます。
e0058628_2071914.jpg

[PR]
by photodiary2 | 2013-05-26 20:26 | 動物

クルーガー国立公園のサファリ バッファロー編

立派な角をもったオスのバッファローさんです。

e0058628_19215710.jpg





この子は、まだ若い子の様で、角も小さい。
頭は親と同じ、センター分け
e0058628_19232518.jpg




ブッシュの向こうから、みんなでこちらを覗いています。
みなさんカメラ目線でジッとしていてくれる、いい子達でした。
e0058628_19241682.jpg

[PR]
by photodiary2 | 2013-05-25 19:49 | 動物

クルーガー国立公園のサファリ シマウマ編

e0058628_19593980.jpg


昨年は、普通にどこでも見られたシマウマさん。

今年は、ほとんどお目にかかれませんでした。

野生のシマウマは、肌つやがとてもきれいで

ちょっと期待していたのに、残念。
[PR]
by photodiary2 | 2013-05-24 20:03 | 動物

クルーガー国立公園のサファリ ゾウ編

昨年は沢山いらっしゃったのに、今年は中々お目にかかれなかったゾウさん。

牙の長さからして、まだ若そうなゾウさん。ひとりでポツリと佇んでおりました。
e0058628_19261753.jpg




木の枝ごと、バキバキと食されていました。何でもあり?って感じ。

e0058628_19265779.jpg




まだ、小さい子なのに、一丁前に威嚇してきます。

写真で見るとかわいい感じですが、かなり近かったので結構迫力がありました。
(手前の黒い影は車の柱です)
e0058628_19264614.jpg

[PR]
by photodiary2 | 2013-05-22 19:34 | 動物

クルーガー国立公園のサファリ お猿編

昨年とまったく同じような時間帯、同じ橋でお猿さんの群れとご対面。

e0058628_22305841.jpg




中々絵になりづらいオス猿と、
e0058628_2232639.jpg




ほほえましい感じの、親子猿。
e0058628_22312880.jpg

[PR]
by photodiary2 | 2013-05-21 22:35 | 動物

クルーガー国立公園のサファリ サイ編

どことなく哀愁の漂うサイの後ろ姿です。

密漁の為個体数がへっているようです。
サファリの間にも監視のヘリが、何機か富んでいましたが、
四国と同じ位面積がある、この国立公園では、それも中々難しいようです。

e0058628_23154754.jpg



背中に大型の動物の体に付くダニなどをを食べる鳥を、たくさん乗せてます。
e0058628_23163740.jpg




迫力ある横顔。立派な角は健在です。
e0058628_23162132.jpg

[PR]
by photodiary2 | 2013-05-20 23:23 | 動物

クルーガー国立公園のサファリ イノシシ編

ブサかわいい感じのイノシシ君。

日本にも生息しているので、見たことが無い訳ではないが
まじまじと見ると変わった顔をしている。
ファインダーを覗きながら、目にピントを合わせるのだが、一瞬見失ってしまう。

e0058628_2325175.jpg




走っている姿は、結構かわいく、しっぽをふりふりしながら、トコトコと走る。
そして、時折ぴたっと止まって、こんな感じでこちらの様子を伺っている。

e0058628_23261522.jpg

[PR]
by photodiary2 | 2013-05-19 23:31 | 動物