South Africa Kruger National Park Wild Dog

海の街、モザンビークのトーフを離れ、空路と陸路で南アフリカのクルーガパークに
一日かけて移動。次の日からは、動物三昧です。

1日に見られる動物があまりに多すぎるので、これからの写真のアップは動物単位に
しようと思います。

本日は、絶滅危惧種でクルーガーでは、最も生息数が少ないとされている
ワイルドドック。
ゲームドライブ3日目の朝6時半頃に発見されるも、とっても遠い。
しかし、希少価値No1なので、正直嬉しい。
e0058628_2024270.jpg





以下、ワイルドドックさんのお食事シーンが入りますので、
過激な写真ではありませんが、苦手な方はご遠慮ください。

手前の体に白い模様が多い少々小柄でおなかの大きい子の方に、
後方の茂みから、ウサギの胴体より下側をがっつりくわえた子が走ってきた。
e0058628_20332942.jpg




また、頭の方をくわえた子もどこからとも無く現れ、総勢8頭位で追いかけっこ開始。
e0058628_20254518.jpg




てっきり仲間内で獲物の奪い合いをしているかと思いきや、
いつの間にかウサギの胴体より下側は、最初に登場した
体に白い模様が多い少々小柄でおなかの大きい子がくわえている。
そして、こんなに大きな獲物をくわえているのに、完全フリーな状態。
e0058628_2026511.jpg




その後、一人で悠々とお食事タイム。
勝手な想像ですが、おなかの大きいメス?に仲間が朝食のプレゼント??という感じ。
ワイルドドックは頭が良いと言われていますが、実際の所どうなんでしょう?
e0058628_20262643.jpg




頭の方をくわえた子は、まんまと独り占め。
って、大して食べるところはなさそうですが、丸呑みでした。
e0058628_20264187.jpg

[PR]
by photodiary2 | 2014-05-14 21:00 | 動物
<< South Africa Kr... TOFO BEACH のワンコたち >>