クルーガー国立公園のサファリ ワイルド・ドック(リカオン)編

今回のサファリの中で、1番レアな動物。
絶滅危惧種の上位に挙げられているワイルド・ドック

どちらかというと、ネコ科の動物(ライオン、ヒョウ)を期待していたので、
彼らと遭遇した時に、なんだ~犬?? と思っていました。
ところが、どちらかというとクールなガイドさんが、やけに興奮している。
その場では、なんだかよく分からなかったが、とりあえず沢山写真を撮っておいた。
e0058628_195975.jpg


色々調べてみると、集団行動、弱った仲間の面倒をみる知性的な面がある反面、
捕らえた獲物を生きたまま食すなど、凶暴な面も。
e0058628_1103665.jpg



朝焼けとの赤みと、茶色みがかった秋の草原と、ワイルド・ドックの体の模様が
何となくシンクロしていてとても美しい
e0058628_1114167.jpg



群れで行動する彼らは、時折会話をするかのように、身を寄せ合いながら、
また、目線を交わしながら、立ち去って行きました。
e0058628_1121319.jpg

[PR]
by photodiary2 | 2013-05-18 01:26 | 動物
<< クルーガー国立公園のサファリ ... クルーガー国立公園のサファリ ... >>